2005年05月22日

名古屋港イタリア村のヴェネチアンガラス美術館

先月オープンした「名古屋港イタリア村」に行ってきました。

名古屋港には、シャチやベルーガに会える名古屋港水族館や、花々の咲き誇るワイルドフラワーガーデン・ブルーボネットなど見どころがいろいろありますが、イタリア村も出来てますます楽しめる場所になってきました。

しかも地下鉄「名古屋港」駅から歩いてすぐのところにあるので交通の便も良くて、小さい子供連れでも行こうという気持ちになります。

さてその「イタリア村」

1950年代の良きヴェネチアの街並みを模した作りになっていて、雰囲気のある建物がなかなか良い感じです。しかも街の真ん中に運河が走り、ゴンドラにも乗れるんです。

ゴンドラにちょっと心が動きましたが、40分待ちの上雨が降ってきたのであきらめて、「ヴェネチアンガラス美術館」に入ることにしました。

この「ヴェネチアンガラス美術館」。昔、小樽で買ったヴェンチアンガラスのペンダントヘッドをずっと大切に持っていて、ヴェネチアンガラスといえばそれのイメージが強かったのですが、とんでもないっ!(笑)

こちらに展示してある作品たちはまさにマエストロたちの魂がこもった、芸術品・美術品でありました〜。(って、もちろんペンダントヘッドにも魂こもってますが)

昔ながらのさまざまな技法を使ったガラス作品たちは、エナメルで彩色したもの、クリスタルガラス、レースガラス、模様を浮き彫りに刻むカメオ技法とそれぞれに違う技術を使って作られていて見応えたっぷり。

ゆったりと広い贅沢な空間の中に展示されているガラスは、どれも優美でありながら迫力がありました。

さらに進んで、現代のヴェネチアンガラスの作品は、色合いにしろ形にしろ初めて見るものばかり。その中に非常に「和」を感じさせるガラス作品があったのでよくよく見てみると、日本人の作家の方の作品でした。ヴェネチアンガラスでありながら、和風のカゴを編んだような模様や土の香りのする作風がなぜかマッチしていてとても面白かったです。

とはいえ子供たちが前衛的な作品をみて「こわいー」とさっさと向こうに行ってしまったので、またの機会には一人でゆっくり見たいものだわと思ったのでした。

美術館を出たところにある「アイベジィ」のアイスクリームが美味しかったです。数種類の味がありましたが、どれも豆乳からつくられていて、あっさりと食べられました♪
posted by tomoko at 23:20| Comment(0) | TrackBack(3) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3825779

この記事へのトラックバック

ヴェネチアガラス ロマーノ・ドナ 花瓶 Incredibly Beautiful Unique Artwork
Excerpt:   ヴェネチアガラス ロマーノ・ドナ 花瓶 Incredibly Beautiful Unique Artwork ( Venetian Glass Romano Dona Vase “I..
Weblog: CRAFTS DESIGN
Tracked: 2016-07-10 11:52

ヴェネチアガラス アルフレッド・バルビーニ 貝殻のボウル
Excerpt:   ( Venetian Glass Alfredo Barbini Cobalt Blue Seashell Sculptures Bowls ) 透き通るような鮮烈なブルーが印象的です。 イタリア..
Weblog: CRAFTS DESIGN
Tracked: 2016-10-10 15:45

ヴェネチアガラス アルフレッド・バルビーニ 花瓶 ダブル・インカルモ
Excerpt: ( Venetian Glass Alfredo Barbini “Doppio Incalmo” Vase ) 鮮烈で深いブルーと、不思議な幾何学模様が施されたすりガラス状の..
Weblog: CRAFTS DESIGN
Tracked: 2017-01-12 21:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。