2006年10月05日

子供服のリサイクル

来年は着られそうもない夏物。

出してみたらもう小さくなっていた、去年の冬物。

この時期、リサイクルしたい子供服がたくさん出てきますよね。


フリマに出したりするのも良いですが、慢性的に子供服が不足しているチベット難民のこども達のことを知り、まだまだ十分に着られる服は、そちらに送ろうかと思っています。

ちっとも知らずにいたのですが、政治的な背景から、チベットを脱出してインドへ難民として逃れてくるこども達がたくさんいるそうなのです。

十分な衣類もないままに、こども達は、4,000メートル級のヒマラヤを歩いて越えてくるそうなのです!

そういったこども達を受け入れているチベット子ども村(TCV)では、夏物でも冬物でも、赤ちゃんから学校に通うこども達までの衣類や日用品、学用品などが慢性的に不足しているそうです。

大人たちの政治的な争いにこども達が巻き込まれ、二度と親に会うことも出来ないことを覚悟してヒマラヤを越えたこども達に、少しでも役に立てればと、今度からまだ役立ててもらえそうな衣類はこちらに送ってみようかと思っています。

たとえ衣類が少ししかなくても、使わない学用品や鞄など日本で暮らしていると意外とあるものです。(いただいたけれどあんまり使わなかったものとか、ドーナツ屋さんでもらったバッグとか・・・(笑))

フリマの楽しさは、「うちの子たちがよく着たこの服を、今度はどこのどんなお友達が使ってくれるのかな?」という部分もあると思います。

愛着のあったものが、次にどんなところに行くのかわかることって、嬉しいですよね。

チベットのこども達が喜んでくれるのなら、ぜひ送りたいと思いました。

チベットサポートグループKIKU

チベット子ども村(TCV)をご存じですか?

チベット子ども村(TCV)に直接荷物を送る方法
posted by tomoko at 22:55| Comment(33) | TrackBack(8) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。