2006年01月31日

ごくごく普通の和食

朝食の用意をしたら娘に「大根おろし、ないの?」と言われて、大根をおろしました。
うちの5歳児たちはホント、大根おろしに夢中(笑)

ご飯に、納豆、海苔、しらす干し。大根おろしに卵焼き。梅干しにお新香。

考えてみたら私も子供の頃からずぅ〜〜っと食べ続けてるものだけど、飽きないですねぇ。それどころか美味しくって嬉しい♪日本各地でそれぞれ、郷土色豊かな「朝ご飯の友」みたいなものがあるんでしょうね〜。


わが家は朝食はご飯が多いし、夕食も煮物などもよく食べるのですが、もしかしてこういう家って少ないのかな?

保育園の給食便り。
「大豆は食べやすいようにお肉と合わせ、子供たちの好きなケチャップ味にしました」

→ケチャップ味も美味しそうだけど、お醤油味では食べないの???

生活クラブのカタログ。
「お肉と合わせれば、子供たちの苦手な根菜もいっぱいたべられます!」

→え?子供って根菜食べないの???

と、普段から疑問に思うこともしばしば。。。

根菜、普通に食べてますよ〜。
蓮根のキンピラなんて子供たちも大好きな一品なのですが(^^)




posted by tomoko at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

シャボン玉

夢の中で私は、10歳くらいの子供たち数人を連れて山を登っていました。

頂上に着くと、山の向こう側からも同じように、子供たちのグループが登ってきます。

ふたつのグループの子供たちは山頂で友達同士になりました。

明るい陽射しの中、どこまでも空は青く雲は白く、足下の草はキラキラ輝いています。


するとどうでしょう〜!


友達と過ごしている嬉しい気持ち、大自然を感じて幸せな気持ち、この世界への愛情・・・

そんな子供たちの心がシャボン玉になって、体中からどんどん、どんどん湧き出すではありませんか!

そして子供たちが生みだしたたくさんの心のシャボン玉は、山頂から風に乗り、山のふもとの町や村に、キラキラ光ながら、大地を包み込むようにふわ〜っと広っていきました。



・・・・・・それが今朝の夢(^^)



本当に、子供たちって希望だな〜と思います。
posted by tomoko at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

にんじんでデトックス

ここ2年ほど、なぜか生のにんじんが食べたくてたまらない。

スティックにしてぽりぽり食べる。
食事の下ごしらえをしているときに、ちょっと一口もらう。

美味し〜〜い♪

生で食べると、味の違いがものすごく良くわかる。

みずみずしくて甘いにんじんもあれば、えぐみの強いものもある。
水っぽくてあまり味のしないにんじんもある。

今年になってからはますますにんじんが食べたくなって、最近は朝や昼に1本食べてしまいます。なんだかよくわからないけれど、体が必要としているみたい。

にんじんもデトックス効果の高い食材みたいのなので、こんなににんじんを食べたいってことは、体が毒素を排出したがっているのかも?

たしかに、ケーキやレトルト食品、ファーストフードなど食べて体が苦しいときににんじんを食べると、かなり楽になります。りんごも体をすっきりさせてくれるみたいだけれど。

あー。朝ご飯、にんじんにしようかなぁ〜。

朝食を「にんじんとりんごのフレッシュジュース」にすると、いいんですってね。

午前中は特に体がいらないものを排出しようとする時間帯なので、朝食をとると体に負担がかかるという考え方がありますよね。

かわりに、排出を助けるにんじんとりんごを搾ったジュースを飲むと良いのだとか。

すでに毎日1本のにんじんが欠かせない私。

おもいきってジュース生活、はじめてみようかしら。
posted by tomoko at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

冬大根が美味しい♪

今の季節、大根が美味しいですよね〜〜!

子供たちの朝食にいま大人気なのが、「大根おろし」。

甘い冬大根ならではの味。

納豆に混ぜてご飯に乗せると本当に美味しくって、朝から幸せそうな子供たち。


ニューヨークなどで話題になりつつある「ロウフード(Raw Food)」。

ベジタリアンのひとつの考え方で、オーガニックな野菜や果物を、
一定以下の温度で調理して食べるという食事法があるのだそうです。


それならさしずめ「大根おろし」は、究極の「ロウフード」ですね!(笑)
posted by tomoko at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

日本発

週刊少年ジャンプで連載中の漫画「デスノート」が実写版で映画化されるという話。

主人公の月(らいと)役は、藤原竜也クンだって。イメージ合ってる!見に行っちゃおうかな〜♪

昔は映画といえば洋画ばかり見ていたけれど、「冬ソナ」以来、韓ドラ見始めてから、アジアのドラマって面白いと思うようになってきた。感覚的に馴染むし。

洋画を見ることがめっきり減りました・・・。

そして去年からは、昔はちっとも見なかった日本の映画が面白いと思うようになってきた。

「電車男」も見に行ったし、この前見た「THE 有頂天ホテル」も面白かった。

日本発の、オリジナルの面白い作品がいろいろ出てきているような気がする。

変な言い方かもしれないけれど、やっと最近日本の「戦後」が終わりつつあるような気がしている。

洋画が象徴したような欧米文化への憧れと、それをかみ砕いて取り入れてきた日本の社会が、それらを決算して、次のステージに変化しつつあるような動きを感じる。

戦後、大変な思いをして日本を育ててきてくれた人たちへの感謝の思いはいっぱいあるけれど・・・。

「紅白」「大河ドラマ」「朝ドラ」が無くなると、本当に戦後が決算されるような気がするのは、私だけかしら〜(笑)
posted by tomoko at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

春節

風は冷たいけれど、ちょっぴり春の匂いも混ざっている。

アジア各国で祝われる旧正月。今年は1月29日。

旧暦では立春の近くにお正月をもってくるが、これは日本で暮らす私の体感にもぴったり合っている。

なんとな〜く冬が終わりを告げ、新しい春がやってくる気配がしている。

こんな時期だったら、大掃除も気持ちよく出来そうな気がする。

いまの暦に合わせると、一年でいちばん昼が短く夜が長い冬至の頃に大掃除をして新年を迎えることになるので、どうにも体が動かない。

年賀状に「初春」とか「新春」なんて書くけれど、季節と合っていないので子供の頃とても不思議だった。

旧暦ならば話はわかる。

梅のつぼみもそろそろふくらみかけ、新しい季節が動き出す。

旧正月って、日本の季節にぴったり合っているんだけどなぁ〜。
posted by tomoko at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

双子のおはなし(1/22)

双子は5歳になりました。

昨日のこと。

泣き声がするので隣の部屋へ行くと、双子のひとりが、もうひとりに抱きついてわぁわぁ泣いています。

「どうしたの?」

と聞くと、泣いていない方の子の足からちょっぴり血が出ていました。すりむいちゃったみたい。

たいしたことないので、すりむいた本人はケロッとしているのに、ケガしていない方の子が

「かわいそう〜 かわいそう〜〜〜 わぁぁぁ」

と泣いているのでした(^^;;



双子って・・・・・・なんか変?(笑)
posted by tomoko at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子ばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

チャングムの誓い

「冬ソナ」以来、土曜の夜は「韓ドラ」タイムだった。このタイミングが体に馴染んでいた。BSは入っていないから、もっぱら地上波で楽しんでいたのに〜。

いま放送中の「チャングムの誓い」が今年になってから、金曜の夜に変わってしまって、妙に調子が狂っています。こういう人、結構、多いみたい。

大河ドラマ=1回45分x1年間を見る気はないのに、韓国の大河ともいえるチャングム=1回60分x1年間を毎週楽しみにしている私。

朝鮮王朝時代の装束や習慣、食べ物などなど、見ていてとても楽しい。特に、女性のくるくる頭に三つ編みを巻き付けるヘアスタイルは、見ていてとても美しい。

それに朝鮮半島に唐辛子が伝わる以前の話ということで、ドラマに登場する宮廷料理は、私たちのイメージする韓国料理とはまったく違うのも面白い。

「薬食同源」の考え方から、陰陽五行などの理論を背景にした料理が王に出される。そして王はまた、作物の出来具合から各地の状況を知るのだそうだ。

チャングムは最初、料理をする女官として選ばれて修業するのだけど、毎回でてくる料理が、ひとつひとつ丁寧に下ごしらえされ、手際よく調理され、美しく盛られていくのを見るだけでも楽しい♪

ゆくゆくは医学を学んで医女になるのだそうだけど。

これまでも時々、鍼治療のシーンが出てきたけれど、本当にブスッと刺しているのでちょっとドキドキしてしまった。そのうちチャングムが鍼を打つシーンもきっと出てくるのね。

鍼灸院に行くのは好きだけど、いつも目をつぶって鍼を見ないようにしている私(笑)


↓買おうかどうか、すっごく迷っている本
日本の食材でつくるチャングム・レシピ―韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」
日本の食材でつくるチャングム・レシピ―韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」


興味はあるんだけど、手間暇惜しんでは王にお出しする料理は出来ないそうなので迷っています。あ、わが家の王のご意見も聞いてみなければ〜(笑)


posted by tomoko at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

気が合う?

夫と私は、なぜか同期することがある。

私がつわりで苦しかったとき。なんと夫もつわりになってしまった(^^;;

「どことかの何とかいう部族は、男も一緒につわりになって、奥さんのつわりを軽くするらしい」などとウンチクをたれつつ、苦しむ夫。。。

あのねぇ。。。上の子もいるんだし、一緒に寝込まれても困るのよぉ。。。

仕方がない。私が寝ているわけにもいかずに、長女の世話をするはめになった。

夫につわりになってもらっても、双子妊婦だった私のつわりはちっとも軽くならず、6ヶ月近くまで気分が悪かった・・・・。日本人と何とかいう部族では事情が違うらしい。。。


そして、今日。

2ヶ月以上も続いた咳が、今朝起きたら、何となくすっきりして気分が良かった。

「おはよう〜♪」と夫にいうと、やっぱり3ヶ月近く咳が止まらなかった夫も、今日はなんだか咳が止まっているというではないですかっ!

な〜んで同期するのかなぁ?

わからないけど、これはハッピーな同期なので良しとしましょう。
posted by tomoko at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

My Revolution〜渡辺美里〜

学生の頃だった。

ラジオのFMから流れてきた、渡辺美里の「My Revolution」に思わず聴き入った。

キラキラした水滴がはじけるみたいな感じがした。

私にとってはもう過去の曲だと思っていたけれど、昨年末の紅白ではじめてこの歌を知った娘たちがとても気に入って、ずっと口ずさんでいる。

5歳の娘まで歌っている(^^)

作曲した小室哲哉氏がさんざんヒット曲を飛ばしていた頃の曲はあんまり覚えていないけれど、「My Revolution」は世代を越えて耳に残る曲みたい。

↓懐かしい歌がいっぱい〜♪

Lovin’You

posted by tomoko at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

ミントティーにカモミールティー

アメリカのセレッシャル社のハーブティーをよく飲みます。ブレンドが美味しくて、パッケージデザインが素敵なので。

今日はさっぱりしたものが飲みたくて、ミントティーを買ってきました。

セレッシャル:ミントマジック(20TB)

このミントマジックというタイトルと、ユニコーンと魔法使いの絵柄が私の好み♪

スペアミントとペパーミントのブレンドがすっきりと飲みやすくて、食後にちょっとさっぱりしたいなという時や、のどのあたりが何となくもそもそしている時などに美味しく飲めるハーブティーです♪

セレッシャルのハーブティーシリーズではハニーバニラカモミールもおすすめです!

セレッシャルハーブティーハニーバニラカモミール(20TB)

ほのかに甘〜いカモミールティー♪カモミールを摘むクマのお母さんの絵に気持ちな和みます。こども達も「クマさんのお茶〜」と喜んでいます。

前にお友達が、このカモミールティーを入れてシフォンケーキを焼いてくれたことがありました。ほんのり甘くていい香りがして、とっても美味しかったです。


posted by tomoko at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

やっぱりお野菜♪

12月に寒波が来て雪が降ってからというもの、お野菜が高いですよねぇ。。

11月頃は、いつもいく生協にもわざわざ「地場野菜コーナー」なんかできてもう、青菜もおネギも食べ放題!(笑)って感じだったんですが。

青菜。大好きです!

ごま和えにしたりお味噌汁に入れたり、炊き合わせにちょっと彩りを添えたり。冬は葉つきの大根なんかも出回りますが、またこの大根菜が美味しいんですよね〜。

あー。食べたいっ!

最近はずっと、青菜は高いし、一袋あたりの量も少ないのでがっかりしていましたが、今日はほうれん草や小松菜が手頃にたくさん出回っていて、おもわずたっぷり買ってきました♪

あ〜、夕食が楽しみ〜♪

生産者のみなさん、ありがとう〜〜〜

posted by tomoko at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

少子化というけれど

国が少子化対策に本格的にのりだして、各自治体でも助成制度の見直しなどが行われているようですね。

石川県ではプレミアムパスポートというものが発行されたそうです。18才未満の子供が3人以上いる家庭に配布されるパスポートで、県内の協賛企業から割引を受けられるというもの。

たとえば協賛している飲食店に行くと割引があったり、ドリンクサービスがあったりするそうです。

そうなんです。出生率の低下が言われていますが、子供が3人いる家庭も結構あるんですよね。わが家も3人いるし、子供のお友達のところは4人姉妹です。

ずいぶん前から言われていることですが、お子さんのいないご家庭と、たくさんいるご家庭と二極化しているみたいですね。

家族が5人も6人もいるとなると、外食しようとしても負担も大きいですから回数も押さえ気味。

そんな時にプレミアムパスポートのような制度が出来ると、協賛企業のイメージアップにもなり、消費も伸びるかもしれませんね。私だったら、普段は行かないお店でも、そういう割引があるとなれば、一度は行ってみようかな〜なんて思ってしまいますから。

基本は家庭とはいえ、子供は社会が支えていくものだし、子供の多い家庭への配慮を考えてもらえるのは嬉しいことですね。

posted by tomoko at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

双子誕生前夜

5年前の今日でした。

予定日間近の双子妊婦だった私は、お正月明けの1月4日。夫と長女に「連れられて」(←お腹が重くて動くのがやっと+2ヶ月近い寝たきり安静生活で体力も筋肉もナッシング)朝から病院へ検診に行ったのでした。

「もうすぐだねぇ。。。」

と言われ、しばらく外食もできないだろうと病院の向かいにあるデパートで家族3人で食事をして帰りました。

その夜はなんだか寝つけずに夜中もテレビを見ながらなんとなくボーッと過ごしていると、4時頃に「あ、これは!」という感じになってきました。

初産だった長女の時も、たいして時間もかからずスルスル生まれてしまった前科(?)のある私は「トイレで産んじゃった」事態だけは避けたいと気をつけていたので、すぐさま夫を起こしてタクシーを呼び、車で5分の病院まで急ぎました。

こんなに急いだにもかかわらず、たった5分タクシーに乗っている間にもどんどん苦しくなってきて、赤信号を恨めしげに見上げる始末。

病院につくなり分娩室へ直行。バタバタと看護婦さんや先生が駆けつけ、準備をしてくれました。

今となっては、どうやって自分のお腹に二人も赤ちゃんが入っていたのか不思議だし、いったいどうやって二人も産めたのか不思議でたまりませんが、夫や長女が見守ってくれ、助産婦さんやお医者さんがサポートしてくれたおかげで、なんとか二人を産むことが出来ました。

普通は赤ちゃんを産んだら「はい、お疲れさまでした〜!」なのですが、そこは双子妊婦。

最初の子が産まれると「はい、次の赤ちゃんいきましょうね〜!」と言われるのでした。

はー、たしかにまだお腹の中に入ってますねぇ。。。もう一人(^^;;

ええ、がんばりましたよ。産まないわけにいかないしね(笑)

というわけで、その時の双子も明日、5才の誕生日を迎えます。
posted by tomoko at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子ばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

初詣

新年 明けましておめでとうございます

元旦は近くの城山八幡宮に家族で初詣に行きました。

といっても夫は「神仏を頼むことはしない」という信念の持ち主で、神社には行くもののお参りはしません。

これはいつものことなので、私と子供たちだけお参りしましてきましたが、なぜかいつも夫の言うことに微妙な違和感を感じていたところ、今年やっとその謎が解けました。

夫は神社仏閣に詣でることは「神様仏様になにかを『お願い』する」ことだと思っていたらしいのです。

そんなぁ。。。。

初詣後に「何をお願いしてきたの?」と聞くので、夫が何を嫌がっているのかやっと解りました(^^;;

「違うよ。お願いしてきたんじゃないよ。『お参り』してきたのよ」

と答えましたが・・・・・・・・・・・・

果たして彼に通じたでしょうか???

posted by tomoko at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。