2005年07月30日

朝ドラ「ファイト」

何年ぶりだろう。4月からNHKの朝ドラを見ています。

いま放送している「ファイト」は久しぶりに面白い朝ドラ。オープニングの音楽も良くて、元気が出てくる感じです。

主人公の優ちゃんもスッキリと清潔感があってかわいいし、ドラマも優の家族やそのまわりの出演者それぞれのストーリィを丁寧に描いていて好感が持てます。

酒井法子が高校生の主人公のお母さん役ということで最初ちょっぴり驚いたけど、できちゃった結婚で二十歳でお母さんになったという設定だそう。なるほど〜。計算があうわ(笑)

この酒井法子演じる優のお母さんがとても良いです。16年の結婚生活の中で、一生懸命にやってきているのに微妙にご主人と何かがズレていってしまう心理とか、それでも母であることとか、すっきりと新しい気持ちでご主人と向き合っていく過程などなど上手く演じてくれていて、わかるわ〜という感じです。

そして緒形直人さん演じるご主人とちょっぴりズレてしまった時、のりぴーの心の隙間にふ〜っと入ってくる役を演じた山口馬木也さん。はじめて見た役者さんでしたが、目に力があるというか目で演技できる方なんですね〜。ちょっとファンになりました。

ストーリィもひと山越えましたが、まだあと2ヶ月。楽しませてもらいます〜。
posted by tomoko at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

土用の丑の日〜ひつまぶし

今日は土用の丑の日ということで、買い物に行ったらウナギ売り場が盛り上がっていました。

この前熱田神宮の近くの「あつた蓬莱軒」というお店で、名古屋名物「ひつまぶし」を食べてきたこともあって、今日はウナギを買って自宅でひつまぶしにしてみました。

ひつまぶし」というのは、お櫃に入ったご飯の上に刻んだウナギが乗っているもので、これを3杯、それぞれ違う食べ方で味わうというもの。

1杯目はそのままで。2杯目は薬味を入れて。3杯目はだし汁をかけてお茶漬けに。

好みはそれぞれですが、このお茶漬けが美味しい〜♪

自宅では、大きなお皿にたれをかけたご飯に錦糸卵・きざんだウナギを乗せ、めいめいがお茶碗によそうようにしました。薬味はネギ・みつば・のりを用意。だし汁も作ってすっかりお店の気分です。

これ、普通の鰻重と違って、食べる分をお茶碗によそったり、好みの薬味を乗せたり、次はお茶漬けにしてみよう〜なんて考えながら食べたりするのがまた楽しいんですよね。

こども達もいつもとちょっと違う夕食の風景が楽しくて、「もうちょっとウナギ乗せる〜」「みつばとって!」「もう一杯お茶漬けにして良い?」なんてキャッキャ言いながら美味しく食べられました。

こういう時に買うのはやっぱり、三河一色産のウナギです。

名古屋に来てから買うようになりましたが、三河一色産のウナギって、身はほっこりして脂がのっていてとても美味しいです。

たまにはウナギも美味しいですよね〜
posted by tomoko at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

国立駅の風景

kunitachi.JPG

東京の実家は、JR中央線の国立駅の近くだ。

国立駅といえば、とんがり屋根の独特の駅舎がシンボル。私が物心ついた時からずーっと変わらぬデザインで地域住民に愛されている。

屋根を塗り直す時に、駅に見本色がいくつか並び、どの色がいいかアンケートをとっていたこともあった。地域住民は駅の屋根の色にまで意見を言えるのだとびっくりしたことがある。

その国立駅がついに高架になるそうだ。この駅のまわりは昔ながらの道で道幅が細くて、駅の向こう側からこちら側に抜けるのがもう、私が小さい頃から大変だった。

国立周辺も昔はのんびりした感じだったが、ここ10年ほどはとくに、帰省するたびに人口が増え、建物が増えている気がする。名古屋から実家に帰ると、人口密度の高さに驚いてしまう。だがそれもすぐに慣れて、名古屋に帰ってくると、人口密度の低さに驚いてしまう(笑)

それで駅の工事もそろそろ始まりそうだと、実家の父が駅を写真にとって送ってくれた。時々撮って、変遷を記録しておくつもりなのだろう。

国立と言えば、桜と銀杏並木にこの駅舎がシンボルだったのだから、愛着もひとしおなのだろう。

高架になったら、この駅舎はどうなるのだろう。私もこの駅舎は大好きだけれど、高架には合わないと思う。新しい風景にあった、ステキなデザインの新しい駅舎が出来てくれればいいな〜と遙か遠い東海地方から願っている。
posted by tomoko at 18:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とろとろお味噌汁

上の娘は、とろとろ〜っとしたお味噌汁が好き。

なので、お味噌汁に「オクラ入れて〜!」「モロヘイヤにして〜!」「ヤマイモのが飲みたい〜!」とリクエストされます。納豆を入れることもあり。

どちらかというとオクラだのモロヘイヤだのの夏野菜がとろとろ〜っとするので、最近、とろとろお味噌汁の出番が多いです。今日はモロヘイヤでした。

ところが真ん中の娘は、お豆腐とワカメといったあっさり系のお味噌汁が好き。だからとろとろお味噌汁が出てくると「明日はお豆腐にしてね!ね!」とリクエストされます(^^;;

いいよ〜。どっちにしても毎日作るんだから。明日はお豆腐にしてあげますとも。

のこる末の娘は、とろとろでもあっさりでも、お味噌汁なら何でも好き(笑)

上の二人が「やったー!今日はモロヘイヤだっ!」とか「豆腐にして!」とか騒いでいる隣で、ニコニコと美味しそうにお味噌汁を飲んでいるのでした。

良い子だわぁ〜(笑)
posted by tomoko at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

ヨガの思い出

夕べ、ン十年ぶりにヨガなどしてみました。あまりに体が固くなっていて満足にポーズもとれなかったけれど、気分よく眠ることができました。

で、今日は私とヨガの思い出話です。

むかーし、中学生の頃、とてもヨガに興味があって一冊の本を買ってきました。「麻生よう子のビューティフルヨガ」だったかな。当時はヨガの初心者向けの本てそのくらいしか本屋さんに置いていなかったように思います。

とにかく本を片手に次々にポーズにトライ。はまりましたね〜。3ヶ月ぐらいたった頃から、朝はパチッと6時に目が覚めて便秘も解消。これはすごい!と学校でも友達にすすめてみましたが、興味もった子はいませんでした(苦笑)

その後、中2ぐらいからジャスダンスやバレエの教室に通うようになり、どちらかというとダンスがメインの生活でしがた、ヨガもエクササイズの一つとしてなんとなく続けていました。

そうこうするうちにOL生活がはじまると、ダンスを続けるのが時間的にむずかしくなってしまいそちらは断念。会社帰りにすぐに通えるヨガのクラスに行くことにしました。

綿本ヨーガスタジオの銀座教室です。当時は「綿本ヨーガスクール」という名称だったように思いますが。月に一度くらい綿本昇先生も見てくださっていました。今調べたら、綿本昇先生、亡くなられたんですね。

それまでヨガは本を見ながら自己流にしていたのに比べ、スクールではきちんとまず柔軟というか、呼吸を整えながら体をほぐしていって、それからポーズをとるという流れが気持ちよかったし呼吸の仕方もよく教わることができました。まわりはインストラクター目指している方がほとんどで、クラスの雰囲気も良かったです。

ってこれ、15年ぐらい前の話ですってば(^^;;

そこまでしていたのに、どうしてすっぱりやめてしまったのか、そのあたりの記憶がありません。でも夕べ久々にヨガをしてみて、なかなか良い感じでした。いつもフワフワしてしまう「気」が、ぐっと丹田のあたりに下がる感じです。

最近ブームのエクササイズ的なヨーガはあんまり好みではないんですが、でもイメージアップにすごく役立っているのでしょうね。メジャーになってきてちょっと驚いています。
posted by tomoko at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

冬瓜のお料理

夕べは冬瓜の煮物を食べました。いまお手頃に出回っていますよね。

私には「冬瓜」というと薬膳料理のような印象がありました。じっさい、体のむくみをとったり体熱を下げてくれるという効果があって夏に食べるのですが。実家ではほとんど登場しなかったので、子供時代には馴染みの薄い野菜でした。きっと母が苦手だったんでしょう(笑)

シンガポールで暮らしていた頃、一年中冬瓜がたくさん売られていて、その頃からですね。自分で料理して冬瓜を食べるようになったのは。シンガポールは華人が多い国ですから。。。やっぱり中華料理ではよく使うのでしょう。

私が作るのはだいたい、鶏肉と炒め合わせてからコンソメと少量のお醤油で味付けしてコトコト煮込んだもの。仕上げにサッと生姜の絞り汁を入れて、片栗粉で煮汁をトロッとさせます。

体に優しくて、夏になると時々食べたくなります。

でも冬瓜の料理のレパートリーってこのぐらいしかありません。今日も冬瓜はお買得だったんですけど(笑)。他にはどんな食べ方がいいでしょうね。続きを読む
posted by tomoko at 14:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

豆乳チャイ

ときどき豆乳でチャイを作ります。

暑い日はどうしても冷たいお茶を飲んでしまいがちなので、スパイスを入れた温かいチャイで体がホッとします。こども達も大好き。やっぱり体がホッとするのでしょうね。

まったく自己流に、生姜やシナモン、クローブなど家にあるスパイスを入れて作っていますが、結構美味しいです。

とはいえチャイに入れるスパイスの配合は、家伝というか秘伝というか、インドやネパールなどチャイの文化がある国々では昔からいろいろと受け継がれているみたいですね。そういうミックススパイス〜マサラ〜を買ってみるのも良さそうです。

生姜などのスパイスのおかげで、飲み口はすっきりと、でも体の中がぽかぽかするチャイ。わが家では豆乳で作るのが好評です。
posted by tomoko at 18:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

夏まつり茅輪くぐり

夏になるとどうも、家事が増える気がします。

まず麦茶。湧かしては冷まし、湧かしては冷まししていても、こども達があっという間に飲んでしまってエンドレス。

それからお洗濯。水着やタオル。保育園のお着替え。次の日も使うしお風呂に入るときに脱いだ服も汗でびっしょりなので、夜も洗濯。こども達が家にいても昼間にシャワーあびたりして洗濯物がどっさりです。シーツも替えるけれど、一度に家族の分は干せないので、午前中と午後に分けて干したりします。

ほらやっぱり、家事が増えてる〜(笑)

というわけで、今年の夏も無病息災、元気に過ごせますように!という願いをこめて、近所の城山神社のお祭り「茅輪くぐり」に行ってきました。

大きな茅の輪を右回り・左回り・最後にまっすぐにくぐって参拝するのです。この茅輪くぐりのお祭りのあたりから、名古屋の本格的な夏がはじまります。

数日前から湿度が高くて風がない、名古屋独特のサウナ的気候になってきて、梅雨明けも近いかなという感じです。今年の夏も元気に越えたいものです。
posted by tomoko at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

アネージのパスタ

この頃、スパゲティよりもショートパスタが好きになって時々食べるのですが、そんな時は
AGNESI アネージのパスタ
を買ってきます。ここのパスタ、噛みごたえはあるし、胚芽入りのためか味わい深くてとても美味しいんです。

「ペンネリガーティ」が特に好き。これは普通のペンネよりも大きくて食べ応えたっぷり!トマトソースベースで食べることが多いのですが、ソースがよくからむので美味しく食べられます。

こども達も大好きで、もぐもぐ食べては「おかわりっ!」なんて言っています。よ〜く噛むことってとても良いことですよね。噛むことで食事の満足感も味わえるし。

いつもペンネなので、今日はファルファッレを茹でてみましたが、こちらも美味しかったです。小麦粉が良いのでしょうね。今回はクリームソースにしてみました。
posted by tomoko at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

E.L.Oのトワイライト

最近CMなどで80年代のポップスがよく使われていて、同世代の方々がテレビや広告業界で活躍されてるのね〜なんて思っていましたが、またひとつ。

ドラマ版「電車男」。今日が初回でなにげにみていたら、オープニングにE.L.Oの「トワイライト」が使われていてびっくり。あまりに懐かしくて、涙が出そうになりました。

その後ネットで、「トワイライト」が入っていたアルバム「タイム」を見つけて、ジャケット見てまた「懐かしいぃ〜」とひとりで大騒ぎ。

Time


↑邦題「タイム〜時へのパスポート」でした。いま見てもこのジャケット、良い感じです。

ちょうど高校生の時だったように思います。ちょっと気になる男の子がE.L.O好きで、このジャケット大切に持っていました。というかほとんど、崇めていました。それで私も聴いてみたりして(苦笑)

そういう年頃に聴いた曲なので、かなり強烈にすりこまれてます。ほんと、懐かしかったわー。

何かあったはずとごそごそCDを探してみたら、E.L.Oのアルバムはこれ↓が残っていました


Xanadu


「ザナドゥ」です。A面がE.L.Oで、B面がオリビア・ニュートンジョンというアルバムですね。CDとなった今、A面B面は関係ないのですが。。。彼女の名前も時代を感じますねぇ。

ザナドゥは大好きで、何と体育の授業の創作ダンスにも使ってしまった曲なのでした。そういう授業、今でもあるのでしょうか。ともかく、私にとってそういう時代を思い出させてくれるE.L.O。

ドラマを機に、ベスト盤がでるそうです。
posted by tomoko at 00:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

七夕

保育園から、短冊や自分で作った飾りをつるした笹を一枝づつもらってきた双子たち。

飾りがひらひらするのが楽しいらしくて、「ささのはさぁ〜らさらぁ〜♪」と歌いながら、枝をゆ〜らゆ〜ら揺らしては遊んでいます。

いつもは「○○ちゃん、ずるいっ!」とか言い合ってケンカしているのに、こういう時は妙にふたりで盛り上がってます。

姉妹いっしょに同じクラスで過ごしていれば共通の体験が出来るし、習った歌や遊びを家でも一緒に出来る。そんな相手がいるのってどんな気持ちなんだろうといつも思います。

きゃっきゃっと笑いあいながら、また「ささのはさぁ〜らさらぁ〜♪」

・・・平和ですー。
posted by tomoko at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 双子ばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

暑さの感覚

名古屋の夏は暑い。文句なく暑い。

どこまでもスッキリとした青空にもくもく浮かぶ白い雲・・・

絵的には綺麗な色合いだが、陽射しは強烈。地面からむぅっと立ち上る熱気。東南アジアにいるかのような湿度。

生まれ育った東京とはまたひと味違う気候に、引っ越してきた頃は体がついていかなかったが、こちらの水を飲み、地元で採れたお米や野菜を食べて体がようやく名古屋仕様になってきたためか、最近では名古屋の夏にもだいぶ適応できるようになってきた。

が、名古屋暮らし22年。鹿児島で生まれ育った夫は、いまだに名古屋の夏が苦手らしい。

鹿児島の夏と聞くと、さぞかし暑いのだろうと想像してしまうが、名古屋に越してきて、独特の蒸し暑さに驚いたそうだ。そしていまだに驚き続けている(笑)



それはともかく、一緒に暮らしていると、夫と私の暑さに対する感覚の違いに困ってしまう。

私は「今日は風もあってだいぶしのぎやすいわ」と思っている時に

夫は、暑い、暑いと大騒ぎしてクーラーを入れてさらに扇風機までかけている。

私はクーラー入れるために窓を閉めてしまうと風が抜けないので気分が悪い。

かと思うと、私が蒸し暑さでぐったりして、ついアイスなんか買ってきてしまうときに

夫は妙に涼しい顔をしていて、まぁせっかくのアイスだから食べるか・・・みたいな感じなのだ。

この体感温度の違いは何なのでしょう?

このあたり上手く調整しないと、一つ屋根の下に暮らす家族としては難しいところなので非常に困ることこの上ない。
posted by tomoko at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。